スポンサードリンク 




IMG_0583


秋田県田沢湖のほとりにある酸性度の強いその湯は、かつては「玉川毒水」とも呼ばれた。そんな、日本一の酸性湯の湯治場ホテル「新玉川温泉」の日帰り入浴してきました。 有名な湯治旅館の玉川温泉とは近い距離にあり、泉質は玉川温泉と同じ。新玉川温泉(ホテル)は湯治旅館の玉川温泉よりも新しくて綺麗なだけあって、玉川温泉よりも値が張る。玉川温泉は宿泊値段が安めで北投石で有名な野外岩盤浴場が近いなどの特徴があります。

IMG_0629.JPG

源泉100%の湯は傷口に浸透して激痛を伴う。

IMG_0586

ホテル前の大樹。


IMG_0585

駐車場。


IMG_0593.JPG 

玉川温泉への送迎バス。

IMG_0683

運行表。


IMG_0589.JPG

IMG_0591.JPG

玉川温泉近くの野外岩盤浴用のゴザ。



IMG_0602

フロント。


IMG_0600.JPG


IMG_0608

日帰り入浴券売機。



IMG_0603

ロビー。


IMG_0606

売店。


IMG_0681

売り上げランキング。


IMG_0596


IMG_0611.JPG

玉川温泉の説明会が開催されている。



IMG_0656

営業時間の案内。



IMG_0612.JPG


IMG_0650

ネットPC。



IMG_0648

東洋式整体。



IMG_0642.JPG

宿泊者無料の貸切風呂。


IMG_0652

アルコール自販機。


IMG_0665



IMG_0654

ランチメニュー。


IMG_0677

朝と夕にバイキングが開催されている模様。


IMG_0655


IMG_0658

健遊ひろば。


IMG_0661

卓球。


IMG_0663

カラオケ。


IMG_0666



IMG_0668


IMG_0673

文庫本。



IMG_0676



IMG_0678

池。


IMG_0687.JPG


IMG_0690.JPG

紅葉した周辺の森。




総論:当日はこのホテルの近くにある玉川温泉に宿泊。この旅館はかなり年季が入っていてエアコンもなく、部屋も狭かった。快適に宿泊するのなら多少値が張るけど新玉川温泉がおすすめですね。

肝心の湯ですが、親玉川温泉ホテルは玉川温泉と同質の湯。日本一の強酸性湯というだけあって温泉の泉質は強烈。傷口に浸透して激痛が走る。 玉川温泉といえば岩盤浴の聖地と呼ばれているだけあって、野外岩盤浴場も外せない。硫化水素を吐き出す火山口が点在し、北投石が点在する岩盤浴場は圧巻の一言。岩盤浴がある玉川温泉までは巡回バスを利用するといいでしょう。
総合:★★★★☆ 湯治場ホテル。玉川温泉が旅館なら新玉川温泉はホテル。どちらも日本一の強酸性湯を満喫できる
珍 :★★★★☆ 陸の孤島。強酸性湯
安 :★★★☆☆ 最安2食付きで10000円~
魅力:温泉。野外岩盤浴
新玉川温泉 大浴場レポート⇒こちら


日本の山岳温泉リゾート 新玉川温泉


玉川温泉 野外岩盤浴&ダイジェストレポート⇒こちら
玉川温泉 宿泊レポート⇒こちら
玉川温泉 大浴場レポート⇒こちら
玉川温泉 夕食バイキングレポート⇒こちら
玉川温泉 朝食バイキングレポート⇒こちら



効能溢れる癒しの湯治宿 玉川温泉


スポンサードリンク 




 


スポンサードリンク